BLOG

風邪を引きかけたら。

みなさま、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
いつもご訪問くださり
ありがとうございます♡

 

 

この前の日曜日は息子の運動会でしたが

クリック→ The last Sports Day。

翌日の代休でお友だちと遊びリフレッシュ!!

…からの…

火曜日は風邪でお休みした息子(なんでやねん!)。

体力がある方ではないので疲れたんでしょうね。

 

 

そして昨日、今度は私が

朝から鼻水が出る。

昼から喉がいがいがする。

移っちゃったかな?

うーん、これはまずい。。

 

 

土曜日(今日ですね)は息子の部活の保護者会があるし

日曜日は秋の舞台で踊りと司会が待っています。

舞台の準備に司会の準備に

最終稽古もしておかないと。。

絶対に休めない日程。

 

 

ということで、

風邪を引きかけたとき、

あなたならどうしますか?

 

 

風邪ぐらいでお休みできないわよっていう方も

たくさんいらっしゃいますね。

お仕事がなくてもまだちいさいおこさんのお世話があったりとか。

 

 

まずは

風邪をひいたとき、すぐに市販薬に手を付けるのではなく

やってほしいことが3つあります

お薬を飲むことに抵抗のない方はたくさんいますが

どうしても体には負担がかかりますし胃腸を荒らします。

ですので

できるだけお薬に頼らないで治していけたらいいですよね♪

 

 

1.とにかく休む

風邪を引いてしまうのは抵抗力が落ちているということ。

体の中では一生懸命立て直そうとしています。

そのときに大事なことは「動き回らないこと」。

とにかく横になってできるだけ動かないで休む。

 

ちょこちょこと動き回るのは良くないですね。

なかなか難しいかもしれませんが一番大事なことです。

 

 

2.保温する

寒いかも、と思ったら即重ね着をします。

体温が高いと病気になりにくいもので

1度体温が下がると抵抗力が50%落ちるとも言われています。

特に3つの首、

首・手首・足首を隠しちゃいましょう

私は一日中マスクをして喉の保温も必ずします

食べ物もお粥やおじやのように暖かいもの

もしくは消化に負担のかからないフルーツにして

常温または暖かいお水やハーブティーをたっぷり摂りながら寝ます

 

 

3.ビタミンC作戦を取る

現代日本の食生活で

食べ物を食べるだけで綺麗になるのは

正直とても難しいです。

 

 

食べることは生きることの基本なので

明らかに乱れた食生活をされている方は

それを正していくことが必要です。

昔よりも野菜などの栄養が落ちていること

肉や魚が環境汚染されていること

添加物や農薬がたっぷり使われていること

これらを考えると、食べるだけではなく

デトックスすることは必須だと考えていますし

四六時中働かされている胃腸を休ませることは

美しくなるためにも健康になるためにも

大事なことです。

 

 

そこで生活のサポートに取り入れていきたいのが

サプリメントです。

私はアイハーブという

比較的安全な原材料のものを扱うサイトで購入しています。

今飲んでいるのはこれです↓

 

 

風邪を引いたとき、疲れたとき

「おかしいな?」

と思い始めたときにすぐやってみてほしいのが

このビタミンC作戦なんです。

 

 

ビタミンCというのは

人間の体で作ることができないので

必ず食品から摂らなくてはなりません。

ですが日本人にはとっても不足しています。

普段から不足しがちなビタミンCは

風邪を引くとより多く消費されてしまいます。

そこで、浴びるようにビタミンCを摂ります!!

具体的には、30分から1時間に一回、

ビタミンCの錠剤を飲みます

 

 

ビタミンCは水溶性ビタミンと言われ

体内に摂りこんでも一定量以上は尿として排出されます

なのでいくら摂っても変になるということはありません。

(脂溶性のビタミンA・D・E・Kは摂り過ぎてはダメです)

 

 

この3つを守るだけ。

 

 

そして…昨晩は早めに眠り

今朝はもうスッキリ元気♪

朝5時から活動していますよ♪

 

 

風邪を治すのはお薬ではありません

あなたの生きる力と体中の休養、

暖かさとビタミンC!

普段からときどきミネラルファスティングすることを習慣にして

胃腸を綺麗にし免疫力を高めるのも早く治すためにはとっても有効です♡

 

 

風邪は引きかけたときが大事です♡

ぜひ試してみてくださいね♡

愛ある日々を♡♡
藤井愛菜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP