BLOG

「食品別糖質量ハンドブック」。

みなさま、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
いつもご訪問くださり
ありがとうございます♡

 

「食品別糖質量ハンドブック」江部康二
★★★☆3.5

 

この本の著者である江部先生は、糖尿病家系のお医者さまです。
糖尿病と上手に付き合って生きていくには、糖質コントロールが絶対条件です。
ご自身の体験から、江部先生は糖質制限をされています。

 

この本は、食べ物から飲み物まで、みなさまがよく口にする食品の
カロリー・糖質量・たんぱく質量・脂質量・塩分が記載されています。
写真もついていて探しやすいです。

 

ブドウ糖が体や脳のエネルギー源になるという点から見ても
完全な糖質制限は私はおすすめいたしません。
また、糖質制限していると、制限を解いて止めた途端
体が待ってましたとばかりに糖質を取り込み、リバウンドが起こります。

 

もともと、日本人は玄米を主食として
毎日のエネルギーの80%を糖質から摂っていました。
ですから、糖質をエネルギーとして使うのは得意なのですね。

 

問題なのは、現代人が糖質を”摂り過ぎている”ことです。
ラーメン屋さんで、ラーメン炒飯餃子のセットをいただいたら
ものすごい量の糖質になりますね。

 

飲み会でさんざんビールを飲んだ挙句
〆はコンビニのスパゲティ、カップラーメン。。

 

おしゃれなイタリアンランチでパスタ、デザートには甘いパンケーキ。。

 

小麦粉、お砂糖、白米のような「白い食品」は
とてもおいしいのですが、栄養価が低く問題点も多いのです。

 

炭水化物大好き!な方、
この本を参考にコントロールしていけるようになるといいですね。

 

愛ある日々を♡♡
藤井愛菜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP