BLOG

「病気がイヤなら「油」を変えなさい!」。

みなさま、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
いつもご訪問くださり
ありがとうございます♡

 

「病気がイヤなら「油」を変えなさい!」山田豊文
★★★★4

 

この本の著者である山田先生は、私が所属している
一般社団法人 分子整合医学美容食育協会の特別顧問をされています。
白鵬関やプロ野球選手などからも信頼されている、大ベテランです。
私も講演を拝聴したことがありますが、難しいながらもとても参考になりました。

 

私たちの体の細胞ひとつひとつは、脂の膜で覆われています。
最も大事な器官である脳も、60-65%ほどが脂で構成されています。
いい脂を摂らなければ、いい体を作ることはできない。
いい考えも生まれない。人生損をします!

 

最も避けてほしい食品のひとつが、トランス脂肪酸です。
アメリカでは来年、2018年に全廃されますし
先進国はもちろん、ご近所の韓国や中国でさえ表示義務などがあるのですが
日本では規制どころか大きな顔をして山ほど扱われています。
アメリカで全廃になったら、残っているその油たちはどこへ行くのでしょう…

 

日本政府として取り扱ってくれない以上、自分の身は自分で守るしかありません。
トランス脂肪酸は、「狂った油」「食べるプラスチック」と言われていて
およそ生き物の食べるものではないとされています。心臓発作なども起こすと言われています。

 

マーガリンが冷蔵庫にあるよ、という方はいますぐ捨てましょう。
ファットスプレッド・ショートニング・植物油脂 と表記されているものも同様です。
これらが多く含まれているのは、コンビニなどのシュークリームやデザートのホイップ、
さっくりしたクッキー、ドレッシング、カレーやシチューのルーです。
また、油を高温にすると生成されてしまうので、
天ぷらや揚げ物も要注意です。

 

今まで全く気にしていないかった方は
こういったものを避けるだけでも、だいぶ量を減らすことができます。
食べ物を買うときは、裏の原材料を見る癖をつけましょうね。
細胞から美人になる一歩です♡

 

愛ある日々を♡♡
藤井愛菜

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP